ビーズアクセサリーのcrystaldropのブログ。

私の愛した車
先日の車の話の続きというわけではありませんが…

子どもたちが大きくなってしまったので、現在の我が家の車は大型のエルグランドになってしまい、
私は、大きくて怖くて一度も運転したことがないのです…

でも、やっぱり運転できないと子どもの病院の送り迎えとか、
何かと不便なので、頑張って練習することにしました。 

今まで沢山の車を運転してきましたが、これが私が一番気に入ってた愛車です 
よく故障したけど、じゃじゃ馬で可愛かったです。

ベンツ
スポンサーサイト

中央フリーウエイ
急きょ、私のふるさと山梨へ帰省することになり3人の子どもを家に残し、慌てて実家へ向いました。
いつものように中央道で帰ったのですが、
笹子峠で濃霧に包まれてしまい、かすかに前方が見える程度…
今回はパパが運転していたので、私は、「山の中まで真っ白だ~」とか言って楽しんでいたわけですが、
ふと思い出してしまったのです。
前にもこんな濃霧に包まれてしまったことがあったことを。

独身の時は、結構スピードを出しても平気だったので直線では160kmぐらい出してかっ飛んで帰ってました。 八王子料金所から勝沼まで30分くらいしか掛からなかったような…

それこそ、ユーミンの【中央フリーウエイ】を聞きながら右手に中央競馬場、左手にサントリーのビール工場の間をさっとすり抜けていったものです 

新婚の頃は、パパが富士吉田から御坂峠を越えて甲府へ来るのよりも私が東京から甲府へ着くほうが早かったりしたこともありましたが、さすがにその時はパパに叱られてしまいました。「無茶苦茶やな。無謀にもほどがある。」と…    ごめんなさい

ところが、そんなおてんばな私が子どもが生まれた途端、スピード狂から一変 
安全第一的な運転になったのです 

上の子2人を後部座席に1人はチャイルドシートに取り付け、
そして3番目は私のお腹の中にいて、かなりハンドルがきつく感じるくらい大きくなっていた時のことです。

その日は東京を出る時は小雨が降っていました。
ですが、神奈川県の相模湖を過ぎた頃には雨も上がったものの空は相変わらず厚い雲に覆われていました。
大月の手前のトンネルを抜けた途端、辺りは霧で真っ白!何にも見えません 
「え?」 急ブレーキをかけたら追突される危険があるから、何とかその気持ちを抑え、徐々に減速しようにも全く見えない~~
初めて感じる死の恐怖。 死と隣り合わせの緊張にハンドルを握る手が震えた。  ガクガク…
まだ、7歳の長男がただならぬ雰囲気に気づき、「ママ~大丈夫? 怖いの?」と心配そうに
覗き込んできた。
「だ、大丈夫!」と言ったものの背筋に冷たい汗がつ~~っと流れるのを感じた。
慎重に慎重に進む。 フォグライトで照らしても霧しか見えない… 
たまに前方車のテールランプが赤く光る ピカッ と、こっちもつられてブレーキを踏んでしまう  
何としても子どもたちを守らなければ…(汗)
そして長~い笹子トンネルを抜けたら、これまた別世界 
霧どころか、雲の合間から薄日が差してるではないか  
「助かった~~~」と呟いたことを思い出したというお話でした   めでたし めでたし

小さな冒険
今日は小さな冒険をしてきました。

娘の通っている小学校で今年の6月に創立80周年を迎えるにあたり、
ポスティングの事前調査に役員の方と3人で出かけてきました。

住所録とマーキングした航空地図のコピーを片手に
どんなところも入り込んで調査です 

いろんな発見があって、何だかわくわくして、すっごく楽しかったです 
解らなれば、聞き込み調査も行いました。
焼き鳥屋さんや薬屋さん、カメラ屋さんに食品店…
『あの~ちょっとお尋ねしますが~』という感じで。
最初は『何者?』みたいな顔されるんですけど、皆さん結構協力してくださいました 

アパートやマンションなどは郵便ポストを確認したりして、
人が来ると、ちょっとドキドキしたりして…

すッごくレトロなアパートを見つけた時は感激でした。
昭和の香りがするというか… ここは本当に都内なのかと錯覚するほど
門をくぐると緑の木々の中にアパートがあり、何だかシャワールームらしき小屋があったり、
めちゃ楽しそうな空間でした。

そこの住人らしきドレッドヘアーのレゲエのお兄さんが出てきた時には
思わず『こんにちは~』とご挨拶させて頂いちゃったり 

あっという間に時間は過ぎていきました。

最近朝から夕方まで学校で黙々と作業することが多かったので
今日は久々に息抜きも兼ねて3人で大笑いしながら散歩できて幸せでした 


情熱のネックレス完成!
つ・遂に完成しました 

情熱

結局、黒の革紐のみでシンプルに飾ってみました。
ただ、やっぱメインの石が大きすぎて、イマイチすわりが良くないんです。
そのために、何本も革(1.2mm)を使用したのですが、まだまだ弱いようでした…
やっぱ、プロとしては、何とか改良したいものです。

このスワロで、すっごく自己主張をしたかったわけですが、
本当は、情熱という部分で深紅の赤でフレーミングして燃えるような表現をしてみたかったんです 
でも、私も多少大人になった部分があるというか、そこは、あからさまに表現するよりは
情熱を理性とか、ちょっと冷めた感じのクールさで押さえ込んでみちゃったりしました。
ちょっと、大人じゃん 

私の大好きな空をアクアオパールで星のイメージで 
南国の珊瑚に光る水面をインディコブルーで波のイメージで 
そしてメインのモチーフ・深海の神秘さはダークサファイヤで人魚の涙…

好きな人に会いに行く時は絶対に着けて行きたいアクセサリーです 
これを着けて現れたら、要ご用心です   




バレンタインデー
子どもたちの一大イベント・バレンタインデーが今年もやって来た。

【友チョコ】だの【逆チョコ】だの企業の戦略に
まんまと引っかかって、我が家の娘二人は、せっせとチョコ作りに励んでました。

女子校に通う娘は【友チョコ】と称し材料費だって、キッチンだってめちゃくちゃです 

末娘は今年は生キャラメル作りに挑戦しました。
こちらは鍋一つあれば簡単にできるので、特にキッチンを汚すこともなくすんなりと終わったのですが…
ま~~上の子はとにかく雑な子なので、材料はこぼすは、皿はひっくりかえすは、洗い残しはあるはと
結局、A型の私には到底許すことが出来ず、皿もボールの洗い直しです 

それで、完成したのがこれです。

カップケーキ
ま~クリスマスの時のハリネズミに比べたら格段の成長です。

バレンタイン当日に学校に持って行き、配ったようです。

キッチン
(やっと、落ち着きを取り戻した真夜中のキッチン)

私はというとバレンタインにも関わらず、2時から学校で作業&会議があり
バタバタと忙しくしておりました。
しかも、6時からクラスの飲み会が始まっているというのに
学校を出たのは6時半過ぎ… 

先生を交えての楽しい交流会となりました 
(一説によると、私ともう一人の清美ちゃんとのWきよみの独壇場とも言われていたみたいです。)
飲み足りない奴らにもう1件誘われ、ショットバーへ 

夜も更けた頃、末娘から1通のメールが入りました。
『ママ、何時に帰ってくるの? 今日はバレンタインデーだよ』
わかってるちゅ~~ねん。

さすがに朝6時半から弁当作ってる私は、もうねむねむの時間です 
『もうすぐ、帰るよ。でもあなた達はもう、寝なさい。パパだけ起きててくれたらいいのよ
だって、バレンタインってそういうものでしょ? 
でも、娘たちは知っていたのです、私が家族全員にチョコレートを買ってきたことを…

『ただいま~』と帰ってきて、ちょと酔っ払ってしまった私は取り合えずチョコを渡し、
娘のベッドに倒れこみ…  10分ほど意識が無かったようです。

『ママ、お水。それ飲んだらお風呂に入ってきなさい』と末娘に促され、
『はい』と言ってお風呂に入ったはいいが、またジャグジーの中で睡魔に襲われ、
泡の中で沈みかけていた… ぶくぶく 

何とか、お風呂から上がったようなのだが、『あ~~~もうめんどくさい』という意識があったような…
パパに発見されるまで、バスタオル一枚でソファの上で、また死体になっていた様である。

そうそう、息子といえば、朝早くからさっさとバレンタインデートに出かけてしまった 

空
それにしても、昨日の朝の空は芸術的だったな~。 


2コ目、3コ目のモチーフ
2個目、3個目

2こ、3こ目のモチーフが、このように出来上がりました。

3個

さあ3コ揃ったので、どういう風にジョイントしていくか…
1.2mmの細い革紐を使いたいと思って購入はしてあるのですが。
どうなるかな~

日が長くなりましたね~~。
夕暮れのシティ・ビューです。 5時くらいです。
夕暮れ




Happy Brithday!
今日は娘のAOの13回目の誕生日です。(2月11日)  また日付が変わってしまった 

誕生日ケーキ

Happy.Happy.Happy Brithday   
家族全員から、誕プレもらって幸せそうな顔してた~~ 
パパからめっちゃブランドのバックもらってた~~。
中1に勿体無い! 早すぎだろ!

マンションの宅配ボックスの中にボーイフレンドからも誕プレが届いていた 
でも、何だか寂しげな…  

そうなんです。 昨年末にデートした時に【何か違う】と気づいてしまったAOは
一気に気持ちが冷めてしまったとかで、一緒に帰らずに、ひとりで帰ってきたのです。

でもK太は、きっとまだAOのことを思っている。
少ないお小遣いの中でAOの喜びそうなものを選んで、一生懸命買ってきたのだ。
中1の男の子がクレアーズ(女の子の雑貨屋さん)に入るのだって大変だったと思う。
【AO、誕生日おめでとう】で始まるメッセージもついてたし。
K太の気持ちを考えると、切なくなっちゃうよ。 ママのほうが… ママじゃだめかな  そりゃ無理がある

新宿の夜景が見えるいつものベランダに連れ出し、聞いてみた。
「何とかならないの?」
「多分…」 遠くを見つめる
「K太はもともと、シャイだけど、きっと次はリードしてくれるんじゃない?」
「…」
突然ポロリ   えっ?
「ごめんなさい。でも、でも、だめかも…」って。 えっ? 何これ? 
好きで好きでしょうがなくて、相手に思いが伝わらないとかで泣いてるんじゃないんだ。
うそでしょ~~? 相手の気持ちに応えられなくて泣いてるの?

うそ~~~  私が中1の時なんて部活の先輩にしごかれて毎日ヒーヒー泣いてたよ~ 
そんな、相手の思いに応えられないなんて感情を持ったのは、大学生になってからじゃん? 多分。

「まあいい、いいよ! うん、気持ち変わるかもしれないし… ね!」と、ひとまずそういうことに…

でも、あれほど馬の骨と言っていたパパからも
「バレンタインには馬の骨にもチョコ作ってやれよ。」と言われてた…

さあ、どうする  
多分、さっぱり、男気のある娘は…

ボランティアかよ!
今日の私の運勢はさほど悪く無かったと思うのですが…
というか、もう午前2時をすぎてしまったので、昨日の話になるのか。

朝から学校で役員の仕事… 
ランチは約束があったので、1度学校を抜けて
また、2時に学校に戻ってきて5時近くまで引継ぎ書類のチェック。

5時半から【春のこどもまつり】の材料の買出しがある
やばい、買出しまで30分しかない
そのままパトロールに行かなきゃならないので、この30分が勝負 

1分で洗濯物を取り込み。
いざ!夕食の支度へ!
鍋に湯をはり、材料をささっと切る。鍋に投入!
右手でフライパンを振り、左手でなべをかき回す
残り10分!  やばい 急げ~
ほとんど走りながら夕食の支度をしてる状態…
しかし、そこは十うん年の主婦のキャリア 

ピンポーンと役員さんが家に回ってきた頃には、バッチリ完成 
「お~ほほほ~~」 ざっと、こんなもんよ  ヒヒッ

最近、すごい特技」をあみ出した。
たった10分でも完全に意識を失うほど爆睡できるのだ。
毎日、かつかつの時間の中で身体が順応したのだろう。
しかし、子どもらにすると、その寝方が問題らしい…
ソファーの上に、身体半分だけ載っけて仰向けで、しかも斜めってるから
死体が転がってるようにみえるらしい 

「ただいま~」と帰ってきて、「お~~!」と、分かっているはずなのに、びっくりしてしまうらしい   

今夜の新宿の夜景は最高です。
ニューヨークのマンハッタンの夜景のようでした   I  NY.

夜景
夜景2
 

【西の魔女が死んだ】
先周金曜日、末娘を連れて【西の魔女が死んだ】という映画を観に行って来ました。

中学に入学したばかりの少女と英国人のおばあちゃんのお話です。
梨木香歩さん著書のベストセラーが映画化されたのです。

最初に「倒れた」「もうだめみたい」のセリフと共に、
私の地元のロケーションが映し出されてストーリーが始まっていく。

あっという間に優しさの中に吸い込まれて行きました。

【魔女になるために、いちばん大切なのは意志の力です。自分で決める力、自分で決めたことをやりとげる力】このメッセージをおばあちゃんは魔女修行を通してまいに伝えていくわけですが、
そこには【おばあちゃんのいっぱいの愛】が溢れていました。

プロデューサーがコメントの中で、~おばあちゃんが「私はいつでもまいのような子が生まれてきてくれたことを感謝していましたから」と語る場面があります。
自分の存在を『無条件に愛してくれる』人がいることは、どんなに幸せであり、救いでしょうか。
そして、『無条件に愛せる』存在があることは、どんなに喜びであり、豊かなことでしょうか。~
と記していました。

私も、本当にそう思わせてくれるような、子宮の中から温まっていくような
じんわりとした優しさに包まれたような感覚になりました。

既にDVD化されているようなので是非、時間があったらご覧になってはいかがでしょう 

西の魔女が死んだ  
クリックしてみてください。

木春堂
今年も、幼稚園の時の幹事仲間との年1回の同窓会ランチ会を開催いたしました。 

みんなバラバラの小学校や海外に行ってしまったので、とても楽しみな会です。
やっぱり、役員の絆って、みんな途切れさせたくないんですね~~。
一緒の時間を共有して頑張ったもんな~。(私達だけかな~。)

今回で、4回目  ということは4年目です。
私が第1回目…パークハイアットホテルの【ニューヨークグリル】でのお疲れさま会を開いてから
第2回…目黒雅叙園 第3回…東京ドームホテル と続き
そして今回は静山荘の【木春堂】で行いました。

富士山の溶岩プレートの上で旬な素材をグリルしていただくという、ヘルシーなコースでした。 
うに豆腐
                            焼き物
野菜
                            肉
先付けの後、お給仕さんが手際よく海鮮を焼いてくださいました。
海鮮→三重牛→野菜→三重牛 そして散らし寿司 デザート 

油をひかないので素材の甘みがストレートに出て、本当に美味しかった 
今回、幹事してくれた林さん、ありがとう 

また、来年もみんなで会いましょう 

走るための準備
善福寺川公園の桜が満開になる頃に
また今年も走りたいので、準備を始めました。(若くないので早く始めないと間に合わないの)

体重もWii Fit のおかげで順調にゆっくりですが
右肩下がりで下降しております   イェイ 

距離走るのには、もう少し絞りたいところです  
筋力もアップしないときついので、少しづつ筋トレメニューもこなしてます。 

ただ、やっぱ年齢のせいか、なかなか若かった時のようにはいかないのが悲しい…
新陳代謝が悪くなるって、こんなにも影響するのね~。
それに私の場合、毎日の薬も新陳代謝に影響があるということだし。 

節分が過ぎると徐々に暖かくなるので、楽しみです 
善福寺川公園の夜桜の下を走るのは、本当に最高です 

                                

 

1コ目が出来ました。
1月27日の記事でアップしたクリスタライズの1番大きい石を
こんなふうにフレーミングしてみました  

フレーミング2
フレーミング1

ペヨーテステッチでフレーミングをした後
4mmのスワロでこれでもかぐらいに飾り
手前にはトライアングルビーズでスパイクを施しました。
結構なボリュームになってしまいました 

また、2個目、3個目が出来上がったらアップします 

思えば… 中学受験
今年の中学受験者数は過去最高だったそうです。

昨年の今頃は、娘の中学受験日で大変だったな~。
とにかく、昨年の今日は生きた心地がしなかった。
2月1、2、3日と連日ハラハラ、どきどきの連続でした 

合格して、入学手続きの際、受験票に合格印が朱で打刻され
さらに、『サクラサク』という台紙に
受験票をパウチしてくれた時には、思わず涙がつぅ~~~

本当に頑張ったいろんなことが走馬灯のように駆け巡って
しゃくりあげてしまったのだ   
そんな、私の情けない姿に『おめでとうございます。』と
声を掛けてくださった先生方の温かい眼差しは、しっかりと記憶の中に今も根付いてます。

サクラサク

よく寒い寒い真冬の中、自転車で塾まで通ってました。
ひとつの目標に向って最後まで走り続けた娘は立派でした。
どこと無く頼りなかった娘が、途中立ち止まることも許されない中で
何度も何度も涙を流し、歯を食いしばり、必死に喰らいついた根性に
そこに確かに大きな成長があったと思います。

受験戦争の中で色々なことを学んだのです。
だから、ちょっとやそっとのことじゃ弱音を吐かない子になりました。
そりゃそうだよね~。過酷な世界で本人も怖かったと思います。

最後の方は夜10時ころまで塾だったので、
私も月、水、金は荻窪のマックで10時まで時間つぶして
塾のお迎えしてたな~。 
時間が延びたりすると塾の前でず~~と待ってるんです。出てくるまで。
本当に寒かった。

その時に聞いていた曲なんかを聞くと塾のお迎えを思い出します。

また、2年後に末娘にも同じような状況がやって来ます。
さてさて、私も若くないです… 同じように出来んのかな~ 

全ての受験生にエ~ルを送ります。 最後まで喰らいつけ 

Copyright © crystal-drop-blog. all rights reserved.